MT4EA稼動までの手順

未分類

1.EAを稼動させたい通貨ペア表示

MT4 EA 動かし方1

ここではユーロドル1時間足を表示してみました。

2.左側のメニューより「エキスパートアドバイザー」選択

MT4 EA 動かし方2

3.動かしたいEA選択

ここではMACross_Expを選択しました。これをドラックアンドドロップでチャートの上に運びます。

MT4 EA 動かし方3

4.パラメーターの表示画面

運ぶとこの画面が表示されます。変数などの確認が出来る画面です。この画面でなく次の全般タブ画面が表示されることもあります。タブで移動できるので心配はいりません。

MT4 EA 動かし方4


5.自動売買許可にチェック

上記赤色部分の全般タブをクリックすると以下のような表示があります。下記画面赤色部分の「自動売買を許可する」にチェックをいれます。

MT4 EA 動かし方5

6. 自動売買 不成功

右上のマークで自動売買EAが稼動しているかどうか確認できます。×となっているのでまだ動いていません。これで自動売買開始となるはずが、動いていない理由があるという意味です。

MT4 EA 動かし方6

7. エキスパートアドバイザー ボタンを押す

原因は、チャート表示画面上方にある「エキスパートボタン」を押していなかったことでした。ここが押した状態になっていないとEAはいつまでも動きません。

MT4 EA 動かし方7


8.ニコチャンマ-クで稼動開始

エキスパートボタンを押したことでさきほど×だったところにニコチャンマークがでているのが確認できます。

MT4 EA 動かし方8


以上EA稼動までの手順です。ニコチャンマークにはもう一つ「怒り顔」があり、これもEAが動いていないという意味になります。怒り顔の主な原因は、手順5の自動売買許可にチェックが入っていないことが考えられます。

VPSについて

EA自体はこれで動いてしまいます。

ただし、パソコンの電源をOFFにすると自動売買は動かなくなります。すでに出してある指値注文などは有効なのですが、「移動平均線が交差したら買い」など状況変化に合わせた注文はパソコンOFFとともに停止となります。

パソコンOFFでも自動売買を続けさせるにはVPS環境が必要になります。VPSは 「Virtual Private Server」の意味です。

VPSとはウィキペディアではこう説明されています。

一台の物理的なサーバコンピュータ上で仮想的なサーバコンピュータを何台も起動する技術(仮想機械; Virtual Machine)によってつくられた仮想的なサーバコンピュータである。

要は、パソコンをOFFにしてもMT4のプログラムを動かしておくためのサービスです。この料金は有料で、2ヶ月無料などのキャンペーンはありますが、最低でも毎月2~3千円くらいの負担となります。

株主優待などを組み合わせても月1500円くらいはかかります。

VPSは、動かしたいEAが作れるようになったら契約検討しても遅くはありません。無料期間キャンペーンなどを目にすると焦りたくもなるのですが、今のところキャンペーンは定期的にやっていますので心配は要りません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました